So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

「銀魂」を見る。その前に、忍者映画を1本。 [雑記]

ぶっちゃけ、時間が取れたのが「銀魂」公開前だったのですよ。
なので、迷った末の選択。
大野智くん主演「忍びの国」を見てきました。

以下、微妙ですがネタバレありです。
大丈夫な方のみ、先へお進みくだされ。


実はこれ、見る予定には入ってなかったの。

けど
映画レビューの評価が、あまりにいいもんで、食指を動かされた次第。

でも
うーん。
みなさん、ほめ過ぎ?[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

つか、レビュー書いているのって、大野くんファンか石原さとみちゃんファンなんじゃないの?(苦笑)
と勘繰ってしまうくらい過大評価に感じられました。

出来は決して悪くない。


よくもない。

ごくフツー
というのが私の印象。

そんな本作の見どころは、ストーリーよりもアクション
というのも私の印象。

辛すぎ?
そんなことないよねー。
うん、たぶんそんなことない。

話自体、史実に基づいているというので、流れに文句はつけられないのですが
結局、なにが言いたかったのか?
の前に
無門の言動そのものが理解できませんでした。
主人公なのに~。[あせあせ(飛び散る汗)]

むしろ、鈴木亮平くんの演じた、無門の敵役・平兵衛の方にシンパシーを感じました。

そしてもうひとり、違和感を覚えた人物が。

それは、信長の息子・信雄だ。

悪人を演じるには、知念侑李くんのイメージが「いい人」すぎ。

というより、ほかのキャストが、揃いも揃って悪人面なのよ。
國村隼さんとかマキタスポーツさんとか立川談春さんとか伊勢谷友介さんとかでんでんさんとかきたろうさんとか。

かような有象無象に囲まれている知念くんは、ただの「気弱な美少年」。
悪人にかどわかされている善人にしか見えませんでした。

そして、この映画、やたらと人が死にます。
主要人物の半分くらい死んでいる。[がく~(落胆した顔)]
満島真之介くんなんか、出てきてすぐ死んじゃうし。[もうやだ~(悲しい顔)]

以上のことを踏まえ、私的評価は☆3つ。(満点は5つ)
嵐メンバーが主演した「ヤッターマン」や「大奥」や「プラチナデータ」よりは上。
そんな感じ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。