So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

バカリズム天才説再び [お笑い・芸能]

ここ最近、歳のせいか、長時間番組を見る気力が沸かず、「24時間テレビ」も夏の音楽特番も、ことごとくパス。

この週末にオンエアされた「27時間テレビ」もパスしようと決めてかかっていたのですが
バカリズム脚本のドラマがあると知り、それだけ、ホントにそれだけチェックしました。

録画で。

とことん根性なし~。[ふらふら][バッド(下向き矢印)]


今回、視聴したのは
「僕の金ヶ崎」「私たちの薩長同盟」の2本。

あくまで私的感想ですが
バカリズムらしさがより出ていたのは「金ヶ崎」の方だったと思う。

ていうか、福くんってもう中学生なのね。
小学校低学年のルックスのままおっきくなったので、制服姿に違和感バリバリ。
考えてみれば、同い年の芦田愛菜ちゃんも中学生。
彼女の場合、ちゃんと成長しているから違和感ないけど。

で、ドラマの中身はというと、テンポがよく役者さんもハマっていて、マジで面白かったです。

華のある人が出ていなくても、脚本次第で面白いドラマは作れるのだと、再確認しちゃいましたよ。

本作も、出演者がバイプレイヤーばかりなのに、ちゃんと「魅せる」ことができていたし。

だいたいですねー。
昨今のドラマは、キャスティング本位すぎなのよ。
イケメンや美少女を出しておけば数字が稼げる
そんな安直な考えだから爆死するんじゃね?

低迷しているフジテレビも、特番や深夜でいいドラマが作れるのに、なんてもったいない。

復活を目指して頑張れ~。[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。